グルメ

韓国一人焼肉『立ち食いドラム缶焼肉』が最高!(延南ソ食堂)

こんにちは「あすため」です。

韓国ソウル「食べまくり飲んだくれツアー企画」第3弾!

一人旅でひたすら韓国グルメを楽しんでいます。

他にソウルで訪れたお店は↓

過去にも色々韓国グルメに挑戦している私ですが、韓国でいまだ行くことが出来てない未開拓のジャンルがあります。

それが「焼肉」!

日本でもなかなかやるのが難しい「一人焼肉」

特に「一人飯」自体をあまりやらない韓国ではかなり難易度が高いミッションであります。

しかしながら、『韓国と言えば「焼肉!」』

一人だからという理由だけで焼肉を食べないのは勿体無い。

ソウルの焼肉店を色々調べて「一人でも訪問しやすそうなお店を発見!」

早速行ってみることにしました。

ということで韓国ソウルで「一人焼肉」やってきましたので紹介したいと思います。

「立ち食い焼肉」で有名な「延南ソ食堂」!

ディープな韓国を味わえる!「延南ソ食堂」

訪問したのは「日曜日の16時頃」

ネット上では「めちゃくちゃ並んでる」「肉が無くなって終了していた」などの情報が多くあったので心配しながらも到着。

店員さんへ一人であることを告げると「注文は2人前からだよ」という風なことを言われます。

事前に「2人前の注文をすれば1人でも問題なく入れる」という情報を入手していたので当然のごとく「一人で2人前食べるよ!」と伝えると空いているドラム缶を指さされます。

日曜日16時の店内風景。

日本では「立ち飲み屋」としながらも簡易的な椅子を置いているお店が多々ありますが、ここでは「椅子などは一切ありません。」

客層は地元韓国のお客さんが8割ほど、残りの2割は日本人といった感じ。

皆さん焼肉のお供にメクチュ(ビール)やソジュ(焼酎)を飲んでいて期待が高まります。

初!立ち食い焼肉!システム・メニューは?

フードメニュー

「骨付きカルビ1人前(15,000₩)」

本当にこれだけ。

なので、注文することなくオーダーが通ります。

ドラム缶の前に立って店内を眺めているとすぐにお肉が運ばれてきました。

お肉は店員さんがハサミで切り分けてくれます。

切り分けが終わったらあとは「自分でひっくり返す」よう言われておしまい。

非常にシンプルな対応。

韓国だと店員さんがお肉を焼いてくれたりしますが、ここではセルフ方式となっています。

ドリンク類もセルフ方式。

冷蔵庫から各々取り出して持っていくスタイル。

・ビール       4,000₩

・焼酎(チャミスル) 4,000₩

・ソフトドリンク   2,000₩

栓抜きは冷蔵庫や各テーブルにあります。

韓国ビールで乾杯!

肉が焼ける音を聞きながらビールを飲みます。

待ち遠しい・・・

お肉が焼ける前に付けだれを確認。

左のタレが焼肉用。

右は「コチュジャン」。

ニンニクダレは鉄板の上に乗せてくれます。

沸々してくると「ニンニクの香りが漂ってきて」、食欲をそそります。

青唐辛子はサービスで付いてきます。

新鮮な青唐辛子は辛くない。

肉が焼けるまでコチュジャンを付けた青唐辛子をかじりながら待ちます。

もういいかな?

よし、食べよう!

タレにニンニクスライスを入れて一緒に食べます。

・・・

・・・

 

「美味っ!」

韓国産の牛カルビはほどよい噛み応えがあり美味!

肉に夢中で買ってきた「キムチ」忘れてた。

やっぱ焼肉にはキムチですね。

肉!ビール!キムチ!

最高の組み合わせです。

ちょっと失敗したのは「取り皿などが無い」のでパウチ型のキムチは非常に食べづらい・・・

皆さん買っていかれる場合は、「パック詰めされているキムチ」を買っていくことをオススメ致します。

ビールが無くなったので韓国焼酎を追加。

既に何度も飲んでいるからか焼酎の飲み方も慣れてきました。

もしもお肉を焼きすぎてしまったらぐつぐつと沸いているニンニクダレに肉を放り込んでしまえば柔らかさが復活します。

韓国にいる間はニンニク臭が気にならなくなる不思議。

夕方から大量摂取しました。

お会計・一人焼肉の価格は?

骨付きカルビ2人前とビール・焼酎各1本で38,000₩でした。(日本円で3,800円)

※買ってきたキムチ値段失念しましたが、たしか2,000₩くらいだったかと・・・

まとめ・各種情報

感想

「焼肉+ドラム缶+立ち食い」という日本では経験出来ない貴重な体験をすることができ大満足。

客層も地元客が多く「ディープな韓国を味わえます。」

今回は休日にもかかわらず運よく並ばずに入れましたが、時間によっては非常に混雑するので時間をずらして訪問するのがオススメ。

「14時~15時頃」が個人的にはオススメかな・・・

あまり遅い時間だと「お肉がなくなり次第お店を閉めてしまう」のでご注意を

ごちそうさまでした。

店舗情報(営業時間・地図・定休日)

店  名 延南ソ食堂(ヨンナムソシッタン)
営業時間 12:00~18:30
定  休 月曜日・正月・秋夕・夏季休暇

価格や営業時間・定休日等は掲載時の情報です。これらの情報は変更となる場合が有りますので、訪問の際には他ウェブサイト等も併せて確認することをオススメ致します。

延南ソ食堂への行き方(アクセス)

最寄り駅は地下鉄2号線「新村駅」

まず、新村駅「7番出口」へ。

7番出口を出ると大きな交差点があります。

交差点を画像右側の「緑色の看板の銀行」方面へ渡り、渡り切ったら右折。

少し歩くと途中で「コンビニCU」があります。

※延南ソ食堂は肉とドリンク以外の販売がありません。

「キムチやご飯など」準備し忘れた場合はココで買い物することも出来ますので安心。

さっきのコンビニ(CU)を通り過ぎて最初の十字路を左へ、すると「急な坂道」がありますので、そこを上がっていきます。

坂道を登り切ったらすぐに到着。

駅の7番出口からだと歩いて4・5分程の場所にあります。

お店の近くにはコンビニあります。

上でも述べましたが、「延南ソ食堂」は「牛カルビ」と「ドリンク」以外のメニューがなく、キムチや白ご飯等も注文することが出来ません。

ただ、「持ち込みは可能」となっているので、肉以外を食べたい方は事前にスーパーやコンビニで買い出ししてから訪問することをオススメ致します。

※持ち込みは何でもかんでもOKという訳ではありませんので、「ご飯・キムチ」くらいにしておいた方がいいです。

関連記事(韓国グルメ記事)

韓国ソウルで色々食べ飲みしてきました↓