グルメ

「千成屋」北九州小倉・旦過市場の渋い老舗食堂で朝飲み。

こんにちは「あすため」です。

北九州市民の台所とも言われる「旦過市場」

小倉駅南口から歩いて10分程の場所にあるこの旦過市場は、平日の朝でも多くの「地元客」「観光客」で賑わいを見せていて活気が有る市場です。

生鮮・鮮魚・精肉なんでも揃う「旦過市場」は売っているものを見て周っているいるだけで楽しくなってきます。

市場を眺めながら旦過駅側まで歩いていくと右には以前訪問した「旦過うどん」左手には有名な角打ち店の「あかかべ」があります。

旦過うどんを過ぎたあたりで右に曲がると橋が有り、そこを渡ったところに今回訪問したお店があります。

「千成屋」

外観・内観

小倉駅南口から徒歩12分、旦過駅からは歩いて1、2分ほどでしょうか、こちらが「千成屋」さんです。

年季の入った建物はいかにも大衆食堂な見た目でそそります。

使い込まれた暖簾をくぐり入店。

訪問したのは平日の10時ごろ。

訪問時では先客はなく、2人の女性店員さんが昼のピーク時間帯に備えて慌ただしく仕込みをしています。

店内は4人掛けテーブル席が2つ。

それと4人座れるカウンター席が2つの計16席。

開店から40年以上経っているというお店は古さこそあるものの、清掃がいきわたっていて不潔さは感じられません。

市場関係者も通うこのお店、入り口付近には手洗い場も設けられています。

訪問したのは4月。時期もあるのか手作りの梅干しが売られていました。

メニュー(献立表)

壁に貼られたメニュー。

焼きうどん・チャンポン(各480円)といった麺類から親子丼・焼き飯(各480円)のご飯ものまで「ワンコイン」で食べることが出来ます。

ドリンクのメニューはありませんが、ビール・日本酒・焼酎くらいなら注文可能。

瓶ビールを注文して気になっていたショーケースを見に行きます。

大衆食堂にありがちな「おかず」や「おつまみ」が入ったショーケース。

ココから食べたいものを店員さんに伝えて注文します。

煮魚・焼魚・肉じゃが・冷奴・おしんこ・ほうれん草おひたし等々・・・

種類豊富で迷います。

今回はお酒のおつまみとして注文しましたが、もちろん「めし」と外のショーケースから好きなおかずを注文して自由に定食として食べることも出来ます。

悩んだ挙句「肉じゃが」と「ほうれん草のおひたし」を注文。

肉じゃが電子レンジでは温めなおしてくれます。

キリンラガー大瓶で朝飲み開始!

キリンラガー瓶ビール(600円)

朝から飲むビールはまた格別

瓶ビールは嬉しい大瓶。

「ゴクゴクっと」ビールで喉を潤おしていると「チーン」と電子レンジが鳴る音が

注文した「肉じゃが」の温めが終わったようです。

朝飲みおつまみチョイス一式。

肉じゃが(350円)

肉じゃがは玉ねぎの甘みが効いてて美味い。

まさに、業務用じゃない手作りの家庭的な味付け。

ゴロっと大きなジャガイモ、牛肉も結構たっぷり入っています。

温めなおししてくれるのでアツアツで食べれるのも嬉しい。

ほうれん草(200円)

肉じゃがの箸休めに丁度いい。醤油を垂らしていただきます。

豚汁(220円)

九州らしい白味噌で甘めの味付けでほっとする味。

具材も野菜たっぷりで健康的。

写真だと分かりにくいですが大きなどんぶりでボリューム満点です。

残った豚汁をぐいっと飲みほして退店。

帰りの際にショーケースを見てみると昼に向けボリューム満点の揚げ物などといった大量の料理が追加されてました。

このお店の人気のほどが伺えます。

お会計

ビール大瓶1本と料理3品で1,370円。

席料なしでメニュー価格は税込み。

まとめ

感想

アットホームな空間でゆったりと朝飲みを楽しむことが出来ました。

料理も「ほっとする家庭的な味」でとても美味しく大満足。

訪問時先客はいませんでしたが、食べ飲みしている間に3組ほどが来店。

1組(1人客)は市場関係者と思われる方で食事だけ、残りの2組(1人客と3人グループ)は私と同じく朝からお酒を飲んでいました。

昼飲みだけじゃなくて朝飲みも出来る素敵な食堂、これからも末永く残っていてほしいお店です。

ごちそうさまでした。

本記事は2019年4月に訪問した内容を元に記載しています。
営業時間や価格等は変更となる場合があります。
最新の情報は食べログ等でご確認いただくことをオススメ致します。

店舗情報(アクセス・営業時間)

店  名 千成屋
住  所 福岡県北九州市小倉北区馬借1-5-8
電  話 093-521-4477
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日

関連記事(小倉・旦過駅周辺渋めの飲み屋)